全国各地からのキャラバンの様子を速報します


by anti_poverty

カテゴリ:東日本ルート速報( 4 )

朝8時道庁前に約30名が集まり、街頭演説とチラシ配りを行いました。
通勤されている中、多くの方々にチラシを受け取って頂け、補充に追われました。この問題の関心の高さの現れだと思います。
b0156885_9405375.jpg

b0156885_9412361.jpg

9時前には朝の街頭宣伝を終了し、キャラバンカーは走行しながらの宣伝で、札幌市内全10区役所を巡るべく出発です。

その間、北海道庁にメンバーの姿が。北海道知事宛の要望書を提出しました。
b0156885_10133241.jpg

b0156885_1014834.jpg

朝の街頭演説と知事宛要望書提出の様子は、道内テレビ局3局のニュースで報じられました。テレビ局ホームページで動画配信もされていたのですが、一定期間が過ぎると観られなくなり、残念!

動画が確認できた局(順不同)
※残念ながら8月20日時点では、すべての記事の掲載期間が終了したようです。
STV(札幌テレビ放送) 貧困解消訴え要望書提出
UHB(北海道文化放送)反貧困全国2008キャラバン (12:08)
HBC(北海道テレビ)書く時点で記事消えていました・・・。


昼はキャラバンカーも含めて大通公園に集まり、12時〜13時、生存権裁判原告、障害者、生活保護の水際作戦を受けた方、タクシー労働者、最低賃金問題など、10名によるリレートークで実状を訴えました。この時は平日(金曜)真夏の札幌でしたが、約80名集まりました!
10名それぞれの現状は、どれも「今」困っていることばかりで、一日も早い根本的な問題解決の必要性を実感するものでした。
b0156885_942515.jpg

b0156885_9432899.jpg

この時、チラシ配りとともにボードアンケートを実施しました。ボードを持って回った人の話では、皆さんお昼ご飯や休憩の合間に快く回答に応じてもらえ、断られたのは1割もいなかったそうです。回答年齢層も幅広く、若いカップルから年金受給者まで、中には外国からの短期研修の方もいたとのこと。

問 あなたは憲法第25条の「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」が守られ
ていると思いますか?

 はい/いいえ でシールを貼っていただきました。

結果 はい 9  いいえ 92

憲法で定める生存権が守られていないという回答の多さは、日本の危機的状況を現しているものだと思います。
(準備メンバーの一部の予想は、「はい」が相当入るだろうと話していましたが、一般市民の意識が大きく変わっていると思われます)


13時になると、またキャラバンカーは残る5区役所へ向けて出発しました。

次は札幌市役所にメンバーの姿が。札幌市長宛の要望書を提出してきました。
b0156885_944125.jpg

b0156885_9451582.jpg

札幌市本庁舎と全10区役所をまわり終えたキャラバンカーは、夜の集会会場へ。

集会、部屋は冷房がそこそこ効いていましたが皆さんの熱気で熱かったです。約140名の方にお越し頂くことが出来ました。
b0156885_946225.jpg

b0156885_9463560.jpg

一部と二部に分かれ、非正規雇用、タクシー労働者、野宿生活経験者、障害者、母子家庭など貧困の現場からの声が多く出されました。
コーディネーターは北星学園大学 木下武徳 准教授がされました。

まとめは北海道大学 青木紀 教授でしたが、今の日本では「貧困」という言葉自体、遠いものだと考えてしまうことや、日本の貧困の見えにくさについても話を頂けました。


以上で札幌の一日は終わり、キャラバンカーは早朝に小樽へ移動、小樽での活動の後、函館へ移動、最終日の10日に函館で街頭宣伝を行い、フェリーで青森へ引き継がれました。

(8月20日写真追加)
(投稿者:小川 頼雄)
[PR]
by anti_poverty | 2008-08-14 17:19 | 東日本ルート速報
東日本ルートのキャラバンカーは,8月3日に北海道の苫小牧港に上陸しました。

8月4日には,前日までとはうってかわって好天となった帯広市で,
・帯広市役所
・商工会議所
・中小企業家同友会 に,
「貧困の連鎖を断ち切り,市民の生活の底上げを実現することを求める要請書」
を提出しました。

その後,中心街にある藤丸デパート前と,帯広駅前で,それぞれ
街頭宣伝とボードアンケートを行いました。

b0156885_9381668.jpg
藤丸デパート前は七夕祭りの屋台が出ていて,人通りも多く,
たくさんの人にチラシを受け取ってもらったり,アンケートに答えてもらいました。


b0156885_9383255.jpg



b0156885_939380.jpg
帯広駅前では,シングルマザーの会の代表が駆けつけてくれて,
いろいろな苦労について生の声を聞かせてもらいました。

b0156885_9392397.jpg


この後,キャラバンカーは北海道内を
釧路 → 旭川 → 札幌 → 小樽 → 函館
とまわります。
[PR]
by anti_poverty | 2008-08-08 09:42 | 東日本ルート速報
東ルートのキャラバンカーは、
23日より茨城県に入りました。

引き継ぎ当日、茨城県の一番西の端、
古河市で街宣を行いました。
「どうやって貧困をなくすつもりなんだ?」
と熱心に話しかけてくる方もおり、
関心の高さを感じました。

さて、これからキャラバンカーは県庁所在地、
水戸に向かって移動していきます。

7月26日には、水戸で集会も行います。
海水浴場も近く、夏休みにもちょうどよいです。
是非ご参加下さい。
会場は水戸市国際交流センターです。

13:30~ 開会のあいさつ
        (水戸翔合同法律事務所 丸山弁護士)

13:40~ 基調講演
       「生活保護をめぐって~問題と取り組み~」
        (首都圏生活保護支援法律家ネットワーク事務局長 森川弁護士)

15:20~ 現地からの報告
       「茨城の多重債務問題と生活保護の運用」
        (かしま法律事務所 谷弁護士)   
       「水戸市の生活保護行政の実態について」
        (水戸市議会議員)  

16:00~ 各団体アピール
       茨城労福協、生活と健康を守る会、茨城司法書士会、茨城青司協

16:15~ 閉会のあいさつ

連絡先
水戸翔合同法律事務所 0292-31-4555 (丸山) 
かくた司法書士事務所  0280-22-3476 (角田)

投稿者 かくた こういち
[PR]
by anti_poverty | 2008-07-24 07:39 | 東日本ルート速報
7月13日、「反貧困全国キャラバン2008出発式」がさいたま市浦和区・コルソ7階で開催されました。

b0156885_10572885.jpg
開演前の会場の様子。
東日本出発式は、全国から法律家、マスコミ関係者、政治家、市民の方など約400名の方の参加がありました。
東日本は、一般市民の方の来場が多くあったことが特徴的で、貧困問題に対する市民の関心の高さが改めてうかがえる結果となりました。

当日のイベントは以下の通りです。

当日の進行表
総合司会 司法書士 飛鳥井行寛  弁護士 竪十萌子

開催挨拶:生活保護問題対策全国会議副代表幹事 弁護士 竹下義樹
地元挨拶:埼玉弁護士会会長 弁護士 海老原夕美   埼玉司法書士会会長 司法書士 藤縄雅啓

労働・生活行政に関する被害実情紹介
非正規雇用の実態・定時制高校の現状、ホームレス生活、日雇い派遣とネットカフェ生活、シングルマザー、三郷国賠訴訟事件

来賓ご挨拶(国会議員)
自民党、民主党、共産党、社民党

基調講演 笹森清 中央労働福祉協議会 会長
「思いを共有する~人間らしい生活を求めて」


b0156885_11112496.jpg

b0156885_11131766.jpg

パネルディスカッション
労働・貧困問題への取り組み ~支援者の現場からの提言~
パネリスト 湯浅誠 河添誠 藤田孝典
コーディネーター  弁護士 川井理砂子 司法書士 矢作哲


b0156885_11105195.jpg
運動提言 反貧困キャラバンについて
弁護士 宇都宮健児
司法書士 井口鈴子


b0156885_11103223.jpg
賛同団体紹介
連合埼玉、埼玉県労働組合連合会、生活と健康を守る会、全国公的扶助研究会、社団法人やどかりの里、NPO法人さやま・あすなろ会、夜明けの会、青年司法書士協議会、埼玉弁護士会

集会決議
反貧困キャラバン2008さいたま実行委員会委員長 弁護士 久保田和志

その後、コルソ脇から埼玉県庁までデモ行進を行いました。

b0156885_11183527.jpg
デモ行進のあとは、全国から来られた法律家、埼玉県議、市民の方と懇親会を行いました。
宇都宮弁護士からは、「東日本ゴール地点、東京集会は何万人も人を集めて、社会に大きなうねりを起こしましょう」と激励のお言葉をいただきました。
東日本は埼玉から出発し、各地でこれから活動が広がっていくことでしょう。
東日本の皆様!がんばりましょう!!




埼玉実行委員の皆様、修正・加筆お願いいたします。できましたら写真を何点かアップしてください。
(ほっとポット・藤田投稿)
[PR]
by anti_poverty | 2008-07-23 11:24 | 東日本ルート速報